社員インタビューinterview

山本 絵美Emi Yamamoto2015年入社ソフトウェア開発部

先輩に早く追いつく様、日々私も勉強しています。

入社して1年3ヶ月になりますが、入社前から趣味でプログラミングをしていました。
前職でもモノづくりに関わっておりプログラミングは通じるところがありました。
クリエイティブな仕事が好きな為、トスバックの面接を受けました。

入社直後感じた事は、とにかく皆さん真面目、勤勉だなということです。
お客様は製造業者様が主になりますが、製造業者の方も真面目で勤勉な方が多い印象です。
その為、仕事に真摯に向き合う事でお客様にも認めていただける空気があると思います。

プログラムを作って勉強もしていますが、現在はまだ下積み期間の為、先輩とお客様の打ち合わせに同行し、要件を一緒に聞いて勉強する事がメインの業務になります。
打ち合わせで感じるのは、先輩は要点を経験と勘でわかってしまうということです。
お客様に全部を聞かなくても、察することができる、お客様の痒いところに手が届くという事。
これは先輩が真摯に仕事をし、製造業を勉強しているからと気づきました。

エンジニアは事前に営業からお客様情報を伺います。
すると先輩エンジニアは「これは部品用だな」とか「おそらく在庫管理だな」など、お客様の相談内容がわかってしまいます。
その為、お客様との打ち合わせ中に、すぐに内容を把握し、瞬時に対策の組み立てができる。
お客様に新しい要望を言われた際も、「ここを変えれば出来るな」と瞬時に構想をたて、柔軟に対応してしまいます。
一部分の仕組みの知識だけでは成り立たず、システム全体が見え、そしてお客様の課題も見えている先輩に早く追いつく様、日々私も勉強しています。

自分に合った業務手法を構築する事が今の目標です。

トスバックの社員は全員の距離がとても近く、営業とエンジニア間の引き継ぎもスムーズです。
これはお客様から見ていてもすごく安心なのではないかなと思います。役職や立場関係なく、議論を行い、方針確認・情報共有を行密接に行っており、互いに手を差し伸べて仕事を行っているイメージがピンときます。
コミュニケーション不足や喋りにくいということは全くありません。
サーバーの納品時は重いサーバーを運ぶ事がありますが、社内の男性はみんな紳士なので、重たいものは持ってくれます。

任されたプロジェクトの納品スケジュールは担当者が組みます。
先輩方もそんなに過密なスケジュールは組みませんし、私たちにも無理を押し付けるという事は全くありませんが、やはり納期に対してはとてもシビアです。
まだ幾つかですが私が任されたプロジェクトがあります。
やはりプログラムが納期に間に合うのかというのが一番のプレッシャーになりました。
今のところは先輩方の協力もあり大きな納期遅れはありません。

トスバックでは下積み期間として認められるのが3年程度と思います。
その間に全ての先輩と一度仕事をしたいと思います。
先輩方の仕事を一通り見て勉強し、自分にあった業務手法を構築する事が今の目標です。

求める人材は、自分のこだわりと向上心を持っている人です。

一般的なプログラマーは、仕様通りに1部分のプログラムを作って…というような感じと思いますが、トスバックは任されたプロジェクトは、自分がプロジェクトリーダーとなり業務を進めます。
お客様に良いものを提供できるかは自分自身にかかっています。
その為、こだわりと向上心がとても重要になります。人でもプログラムでも製造業でも、様々なことに興味や好奇心を持つことからこだわりが生まれると思います。
先輩方を見ていると、みなさんとてもこだわりを持って仕事をしています。

女性でエンジニアをやりたいという方も多くいると思いますが、女性特有のコミュニケーション能力というのは大きな強みだと思います。
打合せ時の、お客様が話しやすい雰囲気作りはとても重要な要素ですが、やはりどちらかというと男性より女性の方が柔らかい雰囲気を作るのは上手だと思います。

新卒採用エントリー
経験者採用エントリー
ページトップ